TOP 過去実績

本ブログ訪問いただきありがとうございます。さにーと申します。

 

自分自身の頭の中の整理、他のポケモン勢との交流を目的として、ポケモン剣盾のランクマッチ、大会で結果を残すことが出来た構築記事、単体考察を載せていこうと考え、本ブログを開設しました。

 

本ブログの開設日は2021/7/1ですが、レート対戦自体は以前から続けています。

ルールは基本的に全てシングルです。

 

○剣盾以前(〜USM)

レート対戦はXYから本格的に参戦しています。

現在ポケモンバトルデータベースで確認出来るUSM S7〜18の成績は以下の通りです。

PGLが閉鎖されてしまったので証拠無し、あくまで参考です。過去の写真フォルダ漁ったら一部だけ2100達成の画面が残っていました。)

・レート2100↑ 計6ロム 最高レート2159(S7)

・レート2000〜2099 計5ロム

・最終順位2桁計9ロム 最高順位22位(S7)

f:id:csunny:20220331170607p:plainf:id:csunny:20220331170637p:plain

 

○剣盾

①成績簡易まとめ

・レート2000〜2049 計20ロム

S4/S7/S9/S10/S12/S13/S17/S18/S19/S20/S21/S23/S25/S26/S28/S29/S30x2/S32/S33

・レート2050〜2099 計18ロム

S1/S4/S5/S6x2/S8x2/S10/S12/S13/S14x2/S17/S22/S27/S33/S34x2

・レート2100↑ 計5ロム

S3/S5/S16/S18/S21

・最終順位1桁3ロム、2桁計23ロム

 

②各シーズン成績詳細 /()内はサブロム成績

・シリーズ1 キョダイマックスなし

S1-473位 2068  

・シリーズ2 一部キョダイマックス解禁

S2-1510位 1922

S3-619位 1978(120位 2112)

・シリーズ3 キョダイマックス追加+一部アローラポケモン解禁

S4-174位 2061(209位 2048)

S5-152位 2068(105位 2102)  

・シリーズ4 全キョダイマックス解禁

S6-175位 2056(142位 2076)  

S7-302位 1977(141位 2017)  

・シリーズ5 御三家キョダイマックス解禁(鎧環境)

S8-132位 2071(140位 2063)  

S9-375位 1995(196位 2015)  

・シリーズ6 使用率上位10位使用禁止

S10-70位 2082(182位 2019)  

S11-174位 1977(246位 1943)  

・シリーズ7 冠の雪原のポケモン解禁(冠環境)

S12-111位 2078(376位 2007)  

S13-37位 2086(127位 2030)  

S14-43位 2073(46位 2070)  

・シリーズ8 禁止伝説ポケモン解禁(竜王戦ルール)

S15-1395位 1837(563位 1918)  

S16-5位 2124(267位 1974)

S17-19位 2065(28位 2044)  

・シリーズ9 シリーズ7と同じ

S18-14位 2105(82位 2038) 

S19-75位 2008(281位 1912)  

S20-30位 2029(296位 1905)  

・シリーズ10 禁止伝説ポケモン解禁+ダイマックス禁止

S21-35位 2120(172位 2039)  

S22-39位 2094(327位 1992)  

S23-103位 2021(339位 1933)

・シリーズ11 シリーズ8と同じ

S24-392位 1870(803位 1824) 

S25-23位 2044(211位 1939)

S26-217位 1932(73位 2014) 

・シリーズ12 禁止伝説2体

S27-21位 2070(147位 1976)

S28-51位 2033(441位 1884)

S29-43位 2013(90位 1989)

S30-36位 2024(34位 2024)

S31-159位 1924(105位 1963)

S32-24位 2024

S33-14位 2055(30位 2030)

・シリーズ13 全解禁

S34-3位 2067(4位 2065)

S35-358位 1846(464位 1821)

 

○SV

各シーズン成績詳細 /()内はサブロム成績

S1-108位 2300(14位 2357)

S2-16位 2223(182位 2134)

 

○TNについて

メインロムTN:さにー(USMではさにー☀︎)

剣盾サブロムTN:Chaoticsunny

SVサブロムTN:変えるの面倒臭いのでバレるまで内緒

※剣盾サブロムTNの由来

私が構築を作る際の隠れコンセプトに「想定外の型を最低限一つは入れて相手の認識をずらし、カオスな状況を生み出す」というものがあり、それを忘れないようにとの願いを込めてサブロムの名前としました。USMから使っていて思い入れは深いTNですが、ポケモン界でカオス(理論)とか言うと順位詐称を疑われそうなんであまり公にしていませんでした。

 

○使用構築(最終順位2桁以上)

剣盾、SVで最終順位2桁以上のシーズン、大会は使用構築の並びを下に示します。(USM以前は流石に覚えてないです…ギガインパクトf:id:csunny:20220322125228p:plain+レッドカードトリックルームf:id:csunny:20220322125257j:plain+電気Zf:id:csunny:20220322125305p:plainの並びを好んで使ってました)

 

【剣盾ランクマッチ(シングル)】

S10  最終70位/レート2082 構築記事無

f:id:csunny:20210705084133p:plainf:id:csunny:20210710130252p:plainf:id:csunny:20210705084240p:plainf:id:csunny:20210710130303p:plainf:id:csunny:20210705084336p:plainf:id:csunny:20210710130313p:plainf:id:csunny:20210705084843p:plainf:id:csunny:20210710130334p:plainf:id:csunny:20210705084853p:plainf:id:csunny:20210710130343p:plainf:id:csunny:20210705084902p:plainf:id:csunny:20210710130350p:plain

S13  最終37位/レート2086 構築記事無、技構成は下写真参照

f:id:csunny:20210705101255p:plainf:id:csunny:20210710130406p:plainf:id:csunny:20210705101303p:plainf:id:csunny:20210710130415p:plainf:id:csunny:20210705101311p:plainf:id:csunny:20210710130429p:plainf:id:csunny:20210705101318p:plainf:id:csunny:20210710130438p:plainf:id:csunny:20210705101324p:plainf:id:csunny:20210710130447p:plainf:id:csunny:20210705101332p:plainf:id:csunny:20210710130509p:plain

S14  最終43位/レート2073 構築記事無

f:id:csunny:20210705101735p:plainf:id:csunny:20210710130524p:plainf:id:csunny:20210705101741p:plainf:id:csunny:20210710130533p:plainf:id:csunny:20210705101748p:plainf:id:csunny:20210710130541p:plainf:id:csunny:20210705101757p:plainf:id:csunny:20210710130549p:plainf:id:csunny:20210705101804p:plainf:id:csunny:20210710130559p:plainf:id:csunny:20210705101812p:plainf:id:csunny:20211002135721p:plain

S16  最終5位/レート2124 構築記事有

f:id:csunny:20210705110334p:plainf:id:csunny:20210710130631p:plainf:id:csunny:20210705110343p:plainf:id:csunny:20210710130640p:plainf:id:csunny:20210705110350p:plainf:id:csunny:20210710130647p:plainf:id:csunny:20210705110358p:plainf:id:csunny:20210710200853p:plainf:id:csunny:20210705110404p:plainf:id:csunny:20210710130709p:plainf:id:csunny:20210705114456p:plainf:id:csunny:20210710130716p:plain

【竜王戦ルール使用構築】【S16 最終5位 最終レート2124 / S17 最終19位 最終レート2065】レヒレネクロゴリラ@2

S17  最終19位/レート2065 構築記事有

f:id:csunny:20210705114515p:plainf:id:csunny:20210710130812p:plainf:id:csunny:20210705114522p:plainf:id:csunny:20210710130802p:plainf:id:csunny:20210705114532p:plainf:id:csunny:20210710130753p:plainf:id:csunny:20210705114651p:plainf:id:csunny:20210710130746p:plainf:id:csunny:20210705114701p:plainf:id:csunny:20210710130737p:plainf:id:csunny:20210705114709p:plainf:id:csunny:20210710130728p:plain

【竜王戦ルール使用構築】【S16 最終5位 最終レート2124 / S17 最終19位 最終レート2065】レヒレネクロゴリラ@2

S18  最終14位/レート2105 構築記事有

f:id:csunny:20210705115051p:plainf:id:csunny:20210710130908p:plainf:id:csunny:20210705115100p:plainf:id:csunny:20210710130900p:plainf:id:csunny:20210705115108p:plainf:id:csunny:20210710130851p:plainf:id:csunny:20210705115116p:plainf:id:csunny:20210710130843p:plainf:id:csunny:20210705115124p:plainf:id:csunny:20210710130832p:plainf:id:csunny:20210705115132p:plainf:id:csunny:20210710130823p:plain

【S19 最終75位 最終レート2008 / S18 最終14位 最終レート2105】壁レジエレキ始動ロトムランド

S19 最終75位/レート2008 構築記事有

f:id:csunny:20210705115146p:plainf:id:csunny:20210710131003p:plainf:id:csunny:20210705115153p:plainf:id:csunny:20210710130955p:plainf:id:csunny:20210705115200p:plainf:id:csunny:20210710130947p:plainf:id:csunny:20210705115206p:plainf:id:csunny:20210710130938p:plainf:id:csunny:20210705115213p:plainf:id:csunny:20210710130926p:plainf:id:csunny:20210705115220p:plainf:id:csunny:20210710130918p:plain

【S19 最終75位 最終レート2008 / S18 最終14位 最終レート2105】壁レジエレキ始動ロトムランド

S20 最終30位/レート2029 構築記事有

f:id:csunny:20210801171921p:plainf:id:csunny:20210801171931p:plainf:id:csunny:20210801171942p:plainf:id:csunny:20210801171951p:plainf:id:csunny:20210801172002p:plainf:id:csunny:20210801172011p:plainf:id:csunny:20210801172023p:plainf:id:csunny:20210801172031p:plainf:id:csunny:20210801172051p:plainf:id:csunny:20210801172100p:plainf:id:csunny:20210801172113p:plainf:id:csunny:20210801172124p:plain

【S20 最終30位 最終レート2029】壁レジエレキ始動ロトムランド改

 S21 最終35位/レート2120 構築記事有

f:id:csunny:20210902130249p:plainf:id:csunny:20210902130301p:plainf:id:csunny:20210902130317p:plainf:id:csunny:20210902130406p:plainf:id:csunny:20210902130418p:plainf:id:csunny:20210902130433p:plainf:id:csunny:20210902130446p:plainf:id:csunny:20210902130523p:plainf:id:csunny:20210902130536p:plainf:id:csunny:20210902130548p:plainf:id:csunny:20210902130602p:plainf:id:csunny:20210902130615p:plain

【S21 最終35位 最終レート2120】日食レヒレランドサイクル

 S22 最終39位/レート2094 構築記事有

f:id:csunny:20211002135600p:plainf:id:csunny:20211002135615p:plainf:id:csunny:20211002135635p:plainf:id:csunny:20211002135642p:plainf:id:csunny:20211002135649p:plainf:id:csunny:20211002135700p:plainf:id:csunny:20211002135710p:plainf:id:csunny:20211002135721p:plainf:id:csunny:20211002135734p:plainf:id:csunny:20211002135745p:plainf:id:csunny:20211002135759p:plainf:id:csunny:20211002135809p:plain

【S22 最終39位 最終レート2094】日食攻めサイクル

S25 最終23位/レート2044    構築記事有

f:id:csunny:20220102090925j:plainf:id:csunny:20220102090940j:plainf:id:csunny:20220102090956j:plainf:id:csunny:20220102091009j:plainf:id:csunny:20220102091020j:plainf:id:csunny:20220102091034j:plainf:id:csunny:20220102091054j:plainf:id:csunny:20220102091109j:plainf:id:csunny:20220102091126j:plainf:id:csunny:20220102091144j:plainf:id:csunny:20220102091156j:plainf:id:csunny:20220102091211j:plain

【S25 最終23位 最終レート2044】日食レヒレラッキーサイクル

S26 最終73位/レート2014    構築記事有

f:id:csunny:20220205182854j:plainf:id:csunny:20220205182911j:plainf:id:csunny:20220205182925j:plainf:id:csunny:20220205182954j:plainf:id:csunny:20220205183034j:plainf:id:csunny:20220205183047j:plainf:id:csunny:20220205183110j:plainf:id:csunny:20220205183124j:plainf:id:csunny:20220205183145j:plainf:id:csunny:20220205183157j:plainf:id:csunny:20220205183212j:plainf:id:csunny:20220205183226j:plain

【S26 最終73位 最終レート2014】ディアランドレヒレサイクル

S27 最終21位/レート2070    構築記事有

f:id:csunny:20220302123013j:plainf:id:csunny:20220302123123p:plainf:id:csunny:20220302123140j:plainf:id:csunny:20220302123146p:plainf:id:csunny:20220302123159j:plainf:id:csunny:20220302123205p:plainf:id:csunny:20220302123231j:plainf:id:csunny:20220302123239p:plainf:id:csunny:20220302123252j:plainf:id:csunny:20220302123258p:plainf:id:csunny:20220302123308j:plainf:id:csunny:20220302123314p:plain

【S27 最終21位 最終レート2070】イベルネクロ壁サイクル

S28 最終51位/レート2033    構築記事有

f:id:csunny:20220302123013j:plainf:id:csunny:20220205183157j:plainf:id:csunny:20220302123140j:plainf:id:csunny:20220205182911j:plainf:id:csunny:20210902130418p:plainf:id:csunny:20220205182954j:plainf:id:csunny:20220401115844p:plainf:id:csunny:20220302123205p:plainf:id:csunny:20210801172023p:plainf:id:csunny:20210801171931p:plainf:id:csunny:20210801171921p:plainf:id:csunny:20220205183124j:plain

【S28 最終51位 最終レート2033】2軸展開壁イベルネクロ

S29 最終43位/レート2013    構築記事有

f:id:csunny:20220302123013j:plainf:id:csunny:20220205183157j:plainf:id:csunny:20220302123140j:plainf:id:csunny:20220205182911j:plainf:id:csunny:20210902130418p:plainf:id:csunny:20220205182954j:plainf:id:csunny:20220401115844p:plainf:id:csunny:20220302123205p:plainf:id:csunny:20220302123314p:plainf:id:csunny:20220205182925j:plainf:id:csunny:20220205183047j:plain

【S29 最終43位 最終レート2013】2軸展開壁イベルネクロ改

S30 最終34位/レート2024    構築記事有

f:id:csunny:20220302123013j:plainf:id:csunny:20220302123123p:plainf:id:csunny:20220302123140j:plainf:id:csunny:20220205182911j:plainf:id:csunny:20220401115844p:plainf:id:csunny:20220302123205p:plainf:id:csunny:20220302123314p:plain

【S30 最終34位/36位 最終レート2024】サイクルイベルネクロ+ポットデスバトン展開

S32 最終24位/レート2024    構築記事有

f:id:csunny:20220302123013j:plainf:id:csunny:20220302123140j:plainf:id:csunny:20220401115844p:plainf:id:csunny:20220302123205p:plain

【S32 最終24位 最終レート2024】壁イベルネクロ詰めサイクル

S33 最終14位/レート2055    構築記事有

f:id:csunny:20220302123013j:plainf:id:csunny:20210801171931p:plainf:id:csunny:20220302123140j:plainf:id:csunny:20220205183157j:plainf:id:csunny:20220401115844p:plainf:id:csunny:20220302123205p:plainf:id:csunny:20220205182925j:plainf:id:csunny:20220205183047j:plain

【S33 最終14位 最終レート2055】イベルネクロ壁サイクル結

S34 最終3位/レート2067    構築記事有

f:id:csunny:20220302123013j:plainf:id:csunny:20220302123140j:plain

【S34 最終3位レート2067/最終4位レート2065】雨天決行ネクロゼクロムサイクル

 

【SVランクマッチ(シングル)】

S1 最終14位/レート2357    構築記事有

【SV S1 最終14位】鉢巻セグレイブ軸スタンパ

S2 最終16位/レート2223    構築記事有

https://csunny.hatenablog.com/entry/2023/02/03/122205

 

【各種大会】

①公式大会

○セイムビート マスターカテゴリ 

最終1位/レート1842  構築記事無、並びのみ公開

f:id:csunny:20210705115236p:plainf:id:csunny:20210710131102p:plainf:id:csunny:20210705115243p:plainf:id:csunny:20210710131049p:plainf:id:csunny:20210705115253p:plainf:id:csunny:20210710131039p:plainf:id:csunny:20210705115303p:plainf:id:csunny:20210710131029p:plainf:id:csunny:20210705115310p:plainf:id:csunny:20210710131022p:plainf:id:csunny:20210705115319p:plainf:id:csunny:20210710131013p:plain

f:id:csunny:20211103103609j:plainf:id:csunny:20210704232004j:plain

○ウォーターパラダイス マスターカテゴリ 

最終32位/レート1779  構築記事有

f:id:csunny:20210719122554p:plainf:id:csunny:20210719122640p:plainf:id:csunny:20210719122647p:plainf:id:csunny:20210719122656p:plainf:id:csunny:20210719122704p:plainf:id:csunny:20210719122712p:plainf:id:csunny:20210719122724p:plainf:id:csunny:20210719122732p:plainf:id:csunny:20210719122740p:plainf:id:csunny:20210719122748p:plainf:id:csunny:20210719122755p:plainf:id:csunny:20210719122804p:plain

【公式大会ウォーターパラダイス使用構築 最終32位/最終レート1779】ルンパギャラサイクル

 

②非公式大会

○第53回葉桜杯 予選8位/決勝トーナメント優勝

f:id:csunny:20220102101122j:plainf:id:csunny:20220102101133j:plainf:id:csunny:20220102101147j:plainf:id:csunny:20220102101200j:plainf:id:csunny:20220102101213j:plainf:id:csunny:20220102101224j:plainf:id:csunny:20220102101240j:plainf:id:csunny:20220102101255j:plainf:id:csunny:20220102101307j:plainf:id:csunny:20220102101320j:plainf:id:csunny:20220102101351j:plainf:id:csunny:20220102101404j:plain

第53回葉桜杯決勝トーナメント 各対戦振り返り

○Frontier Season3#15   優勝※挑戦者枠

f:id:csunny:20220302123013j:plainf:id:csunny:20220302123123p:plainf:id:csunny:20220302123140j:plainf:id:csunny:20220102101320j:plainf:id:csunny:20220302123159j:plainf:id:csunny:20220302123205p:plainf:id:csunny:20220302123231j:plainf:id:csunny:20220302123239p:plainf:id:csunny:20220306101255p:plainf:id:csunny:20220102101200j:plainf:id:csunny:20220302123308j:plainf:id:csunny:20220302123314p:plain

Frontier Season3#15 使用構築、対戦内容振り返り

○第5回葉桜感謝祭 優勝

 

構築としては壁構築を好んで使用しています。

レジエレキと潜り始めてから通常ルールでは最終順位2桁を安定して取ることができているため、かなり信頼しています。

禁止伝説ポケモンでは日食ネクロズマを好んで使用しています。

f:id:csunny:20211009182805j:plain

何か質問等あればツイッター(https://twitter.com/LY95_sunny_poke)までお願いします。

【SVS2最終16位レート2223】珠ミミ始動ノマテラカイリュー軸サイクル

今回はポケットモンスターSVランクマッチS2で使用し最終16位の結果を残せた構築の記事となります。何か質問等あればツイッターアカウント(https://twitter.com/LY95_sunny_poke)までお願いします。

 

【目次】

内部リンクをつけていますので適宜ご活用ください。

○並び

○構築経緯

○個体紹介

 1,カイリュー@ゴツゴツメット

 2,サーフゴー@こだわりスカーフ

 3,ミミッキュ@命の珠

 4,サザンドラ@食べ残し

 5,ラウドボーン@厚底ブーツ

 6,水ロトム@突撃チョッキ

○選出パターン

○対処の難しいポケモン

○最終結果と振り返り

 

【並び】

並びはこちらとなります。

○各ポケモン実数値(努力値

カイリュー

197(244)-169-135(156)-x-120-114(108) 

サーフゴー

171(68)-58-116(4)-175(172)-113(12)-149(252)

ミミッキュ

157(212)-156(252)-101(4)-x-130(36)-117(4)

サザンドラ

177(76)-99-110-168(180)-110-165(252)

ラウドボーン

211(252)-72-165(236)-130-95-89(20)

ロトム

157(252)-65-127-165(196)-127-114(60)

 

【構築経緯】 

S2ではS1の情報が出回った影響で、初手要員としてテラスタルドラゴン、ステロコノヨザル、どくびしマスカーニャが流行しており、中盤からはバトンクエスパトラの選択肢も生まれて、初手の選出択が難しくなっていました。数的不利が負けに直結しやすいSV環境で初手の出し負けは極力避けるべきと考え、上記の初手要員全てに仕事が出来る初手出しが安定するポケモンとして、呪い持ち耐久振り珠ミミッキュを採用しました。

このミミッキュの裏に置くポケモンとしては、ミミッキュの鬼火、呪いを活かせる積み技持ちが好ましいと考え、色々なポケモンを試していましたが、最終的にはテラスタル後にゴースト無効の耐性を活かして、主にドラパルトに対してミミッキュと最低限のサイクルを回せる+単純にスペックの高いノーマルテラス龍舞カイリューを採用しました。

このミミッキュ+ノーマルテラスカイリューを軸として、他の4体を考えていきました。

まず、この2体であると、最終盤に多かった電磁波持ちのHBサーフゴーに対して不利を取ること、天然勢のヘイラッシャ、ラウドボーンに無力であることが気になったため、そこに強いポケモンとして電磁波無効のチョッキ水ロトムを採用しました。

次に、ここまでのミミッキュ+地面無効の並びでフェアリーテラスドラゴンの一貫が切れていないため、受け出しして上から縛れるポケモンとしてこだわりスカーフサーフゴーを採用しました。

ここまでの4体では崩しの要素がサーフゴーのスカーフトリックのみで不足していると考え、崩しの役割を担え、カイリューが通しにくい構築に対して積みエースとして運用出来る悪巧みサザンドラを採用しました。

最後に、ここまでで重いフェアリーテラスウルガモスを始めとする積みポケモン全般に強く、処理ルートが曖昧なキョジオーンに対しても強く出れる身代わり持ちラウドボーンを採用し、構築が完成しました。

 

【個体紹介】 

1,カイリュー

テラスタイプ:ノーマル

特性:マルチスケイル

持ち物ゴツゴツメット

技:神速/炎のパンチ/龍の舞/羽休め

 

⭐︎調整

性格:意地っ張り(A↑C↓)

HB:A特化力持ちマリルリのじゃれつくテラス時乱数2発(2.3%)

A:無振り/性格補正有り/A+2炎のパンチでH4振りサーフゴーを確定

S:S+1で最速ガブリアス抜き

当初は物理受けとしての性能を重視して同配分で性格腕白としていましたが、耐久が活きる場面より対スカーフサーフゴーを始めとして微妙に火力不足を感じる場面の方が多かったので、性格のみ意地っ張りに変更しました。

 

⭐︎技構成について

積み技の龍の舞と、他のポケモンとサイクルを回すための高速再生技の羽休めは確定として、攻撃技は優先度+2が優秀な神速と、鋼タイプへの打点として炎のパンチの2Wです。炎のパンチは地震と選択ですが、対鋼テラスサザンドラを優先しました。

 

⭐︎採用理由

物理受け兼積みエースとしての採用です。ドドゲザンの回答が未だに不意のビックリテラスかこのポケモンしか思い付いていないので基本的に構築から抜けません。持ち物はドドゲザン、マリルリを受け出し時に削ることが出来るゴツゴツメットとしました。

カイリューには物理受けでも様々な型がありますが、その中から対セグレイブ性能を評価して神速龍舞の型を選びました。一度龍舞を積めれば後出しからは止められず、削れたセグレイブを礫で削られることなく神速で処理出来ます。

テラスタイプはノーマルですが、神速の威力を上げる他に、構築のゴーストの一貫を切るという重要な役割があります。例えば、ミミッキュ、サーフゴーと組み合わせることで拘りドラパルトの、水ロトム、サーフゴーと組み合わせることで拘りサーフゴーの一貫を切りサイクルを回すことが出来ます。

メタも厳しかったですが、型の匿名性の高さから一点読みはされないので、そこまで気にはなりませんでした。

 

2,サーフゴー

テラスタイプ:悪

特性:黄金の体

持ち物こだわりスカーフ

技:シャドーボール/ゴールドラッシュ/気合玉/トリック

 

⭐︎調整

性格:臆病(A↓S↑)

HB:特化ガブリアスの鉢巻地震テラス時乱数1発(6.2%)

HD:臆病ゲンガーのシャドーボール乱数1発(6.2%)

A:個体値0

C:余り振り切り/D4振りFCロトムシャドーボールで確定2発程度の火力

S:ミラー意識の最速

前期の調整そのまま、対面からタスキゲンガーに勝てる調整です。

 

⭐︎技構成について

一致技のシャドーボールとゴールドラッシュは確定として、サブウェポンにサザンドラ、鋼ポケモンへの打点となる気合い玉を採用しました。最後の一枠は積み展開、受け構築対策にもなるトリックです。

 

⭐︎採用理由

スカーフ持ちの高速アタッカーとしての採用ですが、相性補完優秀なドラゴン2体とサイクルを回したり、スカーフトリックにより積み展開を抑制したりとその役割は多岐にわたります。特に、こちらのカイリューサザンドラに有利な相手のフェアリーテラスドラゴンを上から縛る役割が最重要です。

テラスタイプは前期はサザンドラを気合い玉で落とせるように格闘としていましたが、今期は切る場面が少なかったので、サーフゴーミラーにも強くなれる悪としました。悪、霊を半減出来る耐性が元の鋼霊タイプと相性良好です。

壊れ特性による補助技無効も当然優秀で、カイリューに打たれるトリック読みで後出ししたりもしていました。このポケモンがいるだけで取れる立ち回りが格段に広がるので相変わらずの入れ得ポケモンでした。

ただ、終盤は打ち分け出来ないことが裏目となる場面も多かったので、マント悪巧み型等も試して良かったかなとは思います。

 

3,ミミッキュ

テラスタイプ:鋼

特性:化けの皮

持ち物:命の珠

技:じゃれつく/かげうち/鬼火/呪い

 

⭐︎調整

性格:意地っ張り(A↑C↓)

HD:臆病クエスパトラのD-2ルミナコリジョン珠ダメ皮ダメ込み乱数1発(6.2%)

A:特化/H4振りサーフゴーをかげうちで乱数2発(96.4%)

このHD調整によりクエスパトラ対面でじゃれつく連打出来るので、ノーマルテラスタルとの択に怯えなくて良いのが使用感良かったです。

 

⭐︎技構成について

攻撃技は相手の初手のポケモンを落とせる範囲が広がるようにじゃれつく+先制技のかげうち、補助技はカイリューに火傷を入れることでカイリューミラーで勝てるようになる鬼火と、積み、ギミック構築対策となる呪いとしました。

 

⭐︎採用理由

初手出し偵察要員としての採用です。構築経緯に記載のように、初手に来やすいドラゴン、コノヨザル、マスカーニャ、クエスパトラに強いので、初手の選出択が発生しにくいです。

テラスタイプはセグレイブの氷技やカイリューの飛行テラバーストに対して切る選択肢を取れる鋼タイプとしました。

初手に出てくるミミッキュは呪い身代わり型のイメージがあるようで、A特化命の珠の想定外の火力を押し付けることでイージウィンを取れることも多かったです。

呪いにより終盤増加傾向にあったバトンパに対して有利を取れたのが本当に環境に刺さっていました。鋼テラス時の鈍いも思いの外使う機会があり、飛行テラバ/身代わり/龍舞/羽休めのカイリューに鈍いの積み合いで勝ったり、サイクルで削った後に鈍い1積みのかげうちで一掃する展開もありました。

裏に置いて鬼火によるカイリューストッパーとして用いることも出来、あらゆる場面で活躍してくれました。今回のMVP。

 

4,サザンドラ

テラスタイプ:鋼

特性:浮遊

持ち物:食べ残し

技:悪の波動/ラスターカノン/悪巧み/挑発

 

⭐︎調整

性格:臆病(A↓S↑)

H:16n+1

A:個体値1(0の場合と実数値同じ)

B:陽気ガブリアスの炎テラバースト乱数1発(6.2%)

C:無振りドラパルトを悪の波動で乱数1発(93.7%)

D:臆病ゲンガーの気合い玉乱数1発(6.2%)

S:最速

Cを少し削って耐久に回しました。HP1桁で耐える場面が多く、この調整はかなり活きました。

 

⭐︎技構成について

攻撃技は一致技として悪の波動と、フェアリーへの打点としてラスターカノンの2Wとしました。補助技はハピナスブラッキー等の受けポケモンを裏ごと崩せるよう悪巧み挑発です。

 

⭐︎採用理由

崩し枠としての採用です。当初はこの枠は鉢巻セグレイブでしたが、初手のミミッキュの鬼火、呪いを活かせないこと、ヘイラッシャ絡みのサイクルを崩すのが難しくなって来たことから、最終日2日前にこのポケモンに変更しました。

テラスタイプはセグレイブに対して有利を取れる鋼としました。終盤にけたぐりドオーが増加傾向で、流行りのゴーストテラス炎の渦型に変えるかは最後まで悩んでいましたが、最終的には鋼テラスで対ドラゴン性能を上げるのがトータルでの勝率アップに繋がると考え一般的なこの型としました。

ノーマルテラスカイリューと同様、このポケモンもサーフゴー、水ロトムと合わせて拘りサーフゴーの一貫を切れるため、サイクルは回しやすかったです。

ただ、鉢巻セグレイブからこのポケモンに変えた影響で、ドオーやハラバリーといった一部の特殊受けがとんでもなく重くなったのは要修正点です。直前での変更だったので最後まで正解が見つからなかったです。

 

5,ラウドボーン

テラスタイプ:フェアリー

特性:天然

持ち物厚底ブーツ

技:フレアソング/テラバースト/身代わり/怠ける

 

⭐︎調整

性格:図太い(A↓B↑)

H:振り切り

A:個体値0

B:11n/A実数値187までのカイリュー地震テラス時身代わりが確定耐え

S:余り振り切り/ブラッキー意識

HBに振ることで、龍舞カイリュー+サーフゴーの並びに対して、カイリュー対面で身代わりを残してサーフゴーに負担をかける立ち回りで崩しにいけます。

 

⭐︎技構成について

高速再生技の怠けるは物理受けの役割を果たすために確定として、攻撃技は追加効果優秀なフレアソング、ドラゴンへの打点としてフェアリーテラバースト、塩漬けや欠伸を回避するための身代わりを採用しました。

 

⭐︎採用理由

物理受け兼積み構築へのメタとしての採用です。止めるのが難しいセグレイブのストッパーとなれるところ、カイリューと組み合わせることで対ウルガモスが安定するところが特に優秀です。(岩テラス除く)

持ち物はマスカーニャスタートのどくびし展開へのメタとして厚底ブーツ、テラスタイプはドラゴンへのストッパーとして運用するためのフェアリーです。

当初はそこまで選出する気はありませんでしたが、キョジオーンに安定するポケモンがこのポケモンしかいなかったり、最終日のマスカゴーリの謎の大繁殖を受けて選出機会は想像以上にありました。

選出した時には素早さを上げる手段を持たないことから、すぐに上から縛られてしまうパターンが多かったので、この枠についてはもう少し考えても良かったかもしれません。持ち前のスペックで活躍はしてくれましたが、この構築では浮いてしまっていました。

 

6,水ロトム

テラスタイプ:格闘

特性:浮遊

持ち物:突撃チョッキ

技:放電/ハイドロポンプ/悪の波動/テラバースト

 

⭐︎調整

性格:控えめ(A↓C↑)

H:振り切り

A:個体値6(妥協個体、ブラッキーイカサマのダメージが1増えます)

C:11n/HD特化ドドゲザンを格闘テラバーストで乱数1発(81.2%)

S:準速バンギラス抜き/S確認のためカイリューと同値

 

⭐︎技構成について

一致技として放電とハイドロポンプ、サブウェポンにはドラパルトへの打点となる悪の波動と、ドドゲザン、サザンドラへの打点となる格闘テラバーストを採用しました。ボルトチェンジが喉から手が出るほど欲しかったですが、全部の技に使う機会があって抜けませんでした。

 

⭐︎採用理由

特殊受け兼対天然勢のための採用です。流行りの電磁波サーフゴーに有利を取れるところが一番偉かったです。

テラスタイプは当初フェアリーとしていましたが、ドラゴンタイプの鋼技にビビって一生切らなかったので思い切って格闘に変更しました。格闘テラバーストがドドゲザンへの不意の打点になるだけでなく、鋼テラスサザンドラにも一貫するのでテラス択にならないところも偉いです。舐めてテラスタルを切ってこないバンギラスも返り討ちにしました。

持ち物は足りない耐久値を補うための突撃チョッキです。メガネボルチェン読みの地面タイプ後出しの立ち回りを相当されたので、打ち分け出来るのは最低条件みたいなところがありました。

ハイドロポンプの外しは常に付きまといますが、それを含めても十分な活躍をしてくれたと思います。

 

【選出パターン】

を初手に置いてから1体、から1体の選出が多かったです。

は積み構築相手以外は極力選出を避けるようにしていました。(けど結構出して選出が歪んだ)

 

【対処の難しいポケモン

○炎テラス龍舞ドラパルト

致命傷。安定した対処にはラウドボーンが必要となりますが、特殊型まで考えると常に選出するのは難しいです。ラウドボーンがいない時はミミッキュ、サーフゴーで龍舞の隙を与えないようにして立ち回り、最悪サザンドラのテラス択に持ち込んでいました。

○岩テラスウルガモス

カイリュー地震→炎のパンチの最大の弊害。カイリュー、ラウドボーンにテラバで一貫を取られます。幸い最終日に使っているのは1人しか当たらなかったので、再戦では水ロトムを合わせました。

○けたぐりドオー

鉢巻セグレイブ→サザンドラの弊害1。チリアンチになりました。最終日前日に当たりまくったため、最終日もマッチングが増えるようならサザンドラのテラスタイプを毒か霊に変えるつもりでしたが、最終日は運良く一回もマッチングしませんでした。

○ハラバリー

鉢巻セグレイブ→サザンドラの弊害2。ナンジャモアンチになりました。特に裏にカイリューミミッキュ受けのポケモンがいる時には勝てるビジョンが見えませんでした。フェアリーテラスでないならサザンドラでワンチャンくらいです。

 

【最終結果と振り返り】 

S2は最終順位16位、仕事により7時撤退でこの順位でした。最後確認した時は18位だったので潜れなかったのがプラスに働いた可能性はあります。

構築は前期よりはサイクル要素も取り入れて安定感のある構築が組めたと考えますが、鉢巻セグレイブが抜けた影響で崩しが弱くなり、受け気味の構築への勝率が落ちたのが良くなかったです。鋼サザンドラというメタの中心のポケモンに任せてはいけない役割でした。

来期のパラドックス環境ではトドロクツキ、テツノカイナ等々のおかげで受けは相当評価が落ちそうなので、こっちの方が自分のやりたいポケモンが出来る気がします。

 

ここまで長文にお付き合い下さりありがとうございました。

【SVS1最終14位レート2357】鉢巻セグレイブ軸スタンパ

今回はポケットモンスターSVランクマッチS1で使用し最終14位の結果を残せた構築の記事となります。何か質問等あればツイッターアカウント(https://twitter.com/LY95_sunny_poke)までお願いします。

 

【目次】

内部リンクをつけていますので適宜ご活用ください。

○並び

○構築経緯

○個体紹介

 1,セグレイブ@こだわり鉢巻

 2,マスカーニャ@気合のタスキ

 3,サーフゴー@こだわりスカーフ

 4,カイリュー@ゴツゴツメット

 5,ラウドボーン@食べ残し

 6,ヘイラッシャ@突撃チョッキ

○選出パターン

○対処の難しいポケモン

○最終結果と振り返り

 

【並び】

並びはこちらとなります。

○各ポケモン実数値(努力値

セグレイブ

191(4)-216(252)-113(4)-x-108(12)-137(236) 

マスカーニャ

151-162(252)-90-x-91(4)-192(252) 

サーフゴー

171(68)-58-116(4)-175(172)-113(12)-149(252)

カイリュー

197(244)-125-148(156)-120-120-114(108)

ラウドボーン

211(252)-85-161(212)-130-95-92(44)

ヘイラッシャ

225-165(236)-135-x-117(252)-58(20)

 

【構築経緯】 

新作最初の環境ということで参考文献もなく手探り状態でしたが、氷龍地面の範囲を高火力で押し付けて崩しを行え、終盤に先制技の氷の礫でスイーパーの役割も担える地面テラスこだわり鉢巻セグレイブの性能が頭1つ抜けていると考え、S1ではずっと軸に据えて他のポケモンを模索していました。

鉢巻セグレイブを軸とする際にまず問題となるのはセグレイブのメインウェポンをどちらも無効化、半減してくるマリルリと、ヘイラッシャのような物理受けでした。どちらも鉢巻セグレイブに対して受け出しは厳しいため、一旦引かせれば崩していけると考え、そのどちらに対しても引先となれ、削りを入れられるゴツゴツメットカイリューを採用しました。

次に問題となるのが初手のドラゴン対面のテラスタル択でした。特にドラパルトが火力強化のドラゴンテラスか耐性強化の鋼、フェアリーテラスか見せ合い画面では判別出来なかったので、そのどちらが来てもセグレイブからの比較的安定した引先となり、テラスタル後にセグレイブの氷の礫と合わせて上から縛れるこだわりスカーフサーフゴーを採用しました。

ここまでだと相手の水ロトムサザンドラ、セグレイブミラーが厳しかったので、それらのポケモンがいる際に初手投げしやすいポケモンとして、けたぐり持ちの変幻自在タスキマスカーニャを4体目として採用しました。

最終日までにここまでの4体が基本選出として固まっていましたが、残りの2枠の補完枠は最後まで悩んでいました。

最終的には基本選出が積み展開を苦手としていたのでそのメタとして特性天然のラウドボーンとヘイラッシャを採用しました。ラウドボーンは構築単位で重めなセグレイブを始めとする物理ドラゴンを止められるようHBベースの食べ残し持ち、ヘイラッシャはグレンアルマやウルガモスのような特殊炎が重かったのでその対策となるチョッキ型とし、構築が完成しました。

 

【個体紹介】 

1,セグレイブ

テラスタイプ:地面

特性:熱交換

持ち物:こだわり鉢巻

技:氷柱張り/巨剣突撃/氷の礫/地震

 

⭐︎調整

性格:意地っ張り(A↑C↓)

H:16n-1

A:特化/無振りドラパルトを氷の礫で乱数1発(75%)/腕白H252振りキョジオーンをテラス地震で確定1発

B:陽気ガブリアスの鉢巻逆鱗テラス時乱数1発(6.2%)

D:特化ドラパルトの眼鏡流星群テラス時乱数1発(31.2%)

S:準速サーフゴー抜き、準速セグレイブ抜かれ

終盤にタスキセグレイブの個体数が増加していたので、下から巨剣突撃を打てるように準速よりも素早さを落としています。

 

⭐︎技構成について

一致技はキノガッサ等のタスキ持ちを貫通出来る氷柱張りと、逆鱗と異なり打ち逃げが可能でこだわりアイテムと相性の良い巨剣突撃、先制技の氷の礫とし、サブウェポンは氷龍との補完優秀な地面技の地震とました。

 

⭐︎採用理由

構築の主軸。鉢巻による高火力での崩しと、先制技でのスイーパー性能を両立出来るエースとしての採用です。

飛行タイプが少ない環境で、その飛行タイプもセグレイブに不利なカイリューのケースが多かったので、鉢巻地震が一貫しやすかったです。地面テラス地震の火力は霊獣ランドロス地震と同じなので、ランドロスが氷龍の範囲をチラつかせながら鉢巻地震で殴って来る、と考えて貰えばヤバさが分かりやすいと思います。

環境トップのカイリューに有利な点がやはり一番優秀でした。流行りの物理受けカイリューに強いのは勿論、みんなが頭を悩ませたであろう飛行テラバースト龍舞カイリューにも強いのが偉いです。

相手のドラゴンに氷技の圧でテラスタルを強要出来る(特に対ドラパルト、礫と氷柱張りの圧で蜻蛉返り、身代わりを安定択にさせない)のも優秀で、後続のサーフゴー、カイリューと合わせて相手のテラスタルを見てから後の先を取るイメージで立ち回ることが出来たのが自身のプレイングとも噛み合っていました。

 

2,マスカーニャ

テラスタイプ:草

特性:変幻自在

持ち物:気合のタスキ

技:トリックフラワー/はたき落とす/けたぐり/毒びし

 

⭐︎調整

性格:陽気(C↓S↑)

A:振り切り/B4振りサザンドラをけたぐりで確定1発/B特化水ロトムをテラストリックフラワーで乱数1発(75%)

D:余り/ゲンガーのヘドロ爆弾の乱数がずれる

S:ミラー、ゲンガー意識の最速

 

⭐︎技構成について

構築単位で重めな水ロトムに対する打点としてトリックフラワー、追加効果優秀で一貫しやすいはたき落とす、サザンドラ、セグレイブに打つけたぐり、後続のサポートになる毒びしの4つとしました。

 

⭐︎採用理由

初手に安定しやすい行動保証持ちのポケモンとしての採用です。持ち前の素早さで終盤のスイーパーとして運用することもありました。弱点を突きにくい水ロトムに強いのは勿論のこと、草タイプでありながらサザンドラ、セグレイブのような環境に多いドラゴンにも有効打を持てるのが特に優秀でした。

持ち物は行動保証を持たせる気合いのタスキとしました。はたき落とす、けたぐりを打った後水タイプへの一致打点が無くなるのが地味に辛かったのでテラスタイプは草タイプです。

元々この枠はドドゲザンで、サザンドラやサーフゴーを受けてもらってましたが、全サザンドラサーフゴーが気合玉を所持していてまともに役割を果たせなかったので、もう受け切るのは諦めて、上から殴れるマスカーニャに変更しました。

初手に役割対象が来ない場合でも毒びしで最低限の仕事は出来るので、安定感が素晴らしかったです。毒びしを撒いておくことでヘイラッシャを崩しやすくなったり、裏のカイリューやラウドボーンが回復連打で相手のセグレイブを処理出来たりします。

 

3,サーフゴー

テラスタイプ:格闘

特性:黄金の体

持ち物こだわりスカーフ

技:シャドーボール/ゴールドラッシュ/気合玉/トリック

 

⭐︎調整

性格:臆病(A↓S↑)

HB:特化ガブリアスの鉢巻地震テラス時乱数1発(6.2%)

HD:臆病ゲンガーのシャドーボール乱数1発(6.2%)

C:余り振り切り/D4振りFCロトムシャドーボールで確定2発程度の火力

S:ミラー意識の最速

対面からタスキゲンガーに勝てる調整です。ちなみに最終日は3/3呪われボディを引いて調整は活きませんでした。

 

⭐︎技構成について

一致技のシャドーボールとゴールドラッシュは確定として、サブウェポンにサザンドラ、鋼ポケモンへの打点となる気合い玉を採用しました。最後の一枠は積み展開、受け構築対策にもなるトリックです。

 

⭐︎採用理由

スカーフ持ちの高速アタッカーとしての採用ですが、相性補完優秀なドラゴン2体とサイクルを回したり、スカーフトリックにより積み展開を抑制したりとその役割は多岐にわたります。特に、こちらのセグレイブ、カイリューに有利な相手のフェアリーテラスドラゴンを上から縛る役割が最重要です。

テラスタイプは格闘ですが、格闘技はサザンドラを倒せるようにテラバーストではなく気合い玉としました。命中不安ですが、この構築ではセグレイブやラウドボーン、カイリューにテラスタルを切ることが多くテラスタル権が残っていないケースも多発していたのでやむを得ない採用だったと考えています。

壊れ特性による補助技無効も当然優秀で、カイリューに打たれるトリック読みで後出ししたりもしていました。このポケモンがいるだけで取れる立ち回りが格段に広がるので流石に入れ得。

 

4,カイリュー

テラスタイプ:フェアリー

特性:マルチスケイル

持ち物ゴツゴツメット

技:流星群/火炎放射/アンコール/羽休め

 

⭐︎調整

性格:図太い(A↓B↑)

HB:陽気ガブリアスのA+2逆鱗確定耐え

S:最速ドドゲザン抜き抜き/ミラー意識でなるべく高く

緊急時に鉢巻カイリューに後出ししてゴツメダメ+流星群で落とす動きが取れ、ミラーでも有利となるのでこのカイリューの素早さはなるべく速い方が良いです。

 

⭐︎技構成について

物理受けとしての役割を果たすための高速再生技の羽休め、積みを抑制するアンコールまでは確定で、物理受けカイリューとバレた後にセグレイブやガブリアスが後出しされるケースが多かったのでドラゴンタイプへの打点として流星群を採用しました。

炎技は炎の渦を採用するカイリューが多かったですが、もはやバレバレの動きで上位では活きる場面が少なかったので、単純に威力が高く、サーフゴー等の鋼タイプへの負荷が増える火炎放射としました。

 

⭐︎採用理由

相手のあらゆる物理アタッカーを受けるクッションとしての採用です。マルチスケイルを盾にドラゴンに後出しした後でフェアリーテラスにより受け切る動きや、補助技をアンコールで牽制する動きも出来るので対応範囲が異常に広いです。

持ち物はマリルリ、ドドゲザンを羽休め連打で削ることの出来るゴツゴツメットとしました。

地割れ無効の飛行タイプのため、ヘイラッシャへの後出しも安定しやすく、流星群やゴツメダメで削ってセグレイブの一貫を作っていけます。炎技が炎の渦ではないため逃げられてはしまいますが、セグレイブが鉢巻のため、受け出しは徐々に難しくなっていくことから引かせれば良いと割り切っていました。

技をアンコールで固定してセグレイブの後出しを安定させる動きも強力で、メタも厳しかったですが、替えは見つからない唯一無二の性能をしていました。

 

5,ラウドボーン

テラスタイプ:フェアリー

特性:天然

持ち物:食べ残し

技:フレアソング/テラバースト/ニトロチャージ/怠ける

 

⭐︎調整

性格:図太い(A↓B↑)

HB:陽気ガブリアスの鉢巻地震テラス時食べ残し回復込み乱数2発(2.3%)

A:ニトチャ採用のため個体値31

S:S+1で準速サーフゴー抜き

 

⭐︎技構成について

高速再生技の怠けるは物理受けの役割を果たすために確定として、攻撃技は追加効果優秀なフレアソング、ドラゴンへの打点としてフェアリーテラバースト、素早さを上げて全抜きを狙うニトロチャージとしました。

 

⭐︎採用理由

補完枠1。物理受け兼積み構築へのメタとしての採用です。特に基本選出では対処が難しい壁絡みの積み展開をヘイラッシャと組んで対策したり、カイリューの選出が難しい構築(主にセグレイブ入り)に対して代わりに選出したりしました。

持ち物は場持ちを良くする+鉢巻ガブリアスを受け切るための食べ残し、テラスタイプはドラゴンへのストッパーとして運用するためのフェアリーです。

ラウドボーンを出す時にはこのポケモンにテラスタルを優先的に切ることになるので、全抜きが狙えるニトロチャージを採用しています。サーフゴーで上から縛ってこのポケモンを対処して来ようとする相手に対して、1サイクル目でサーフゴーを削って、次サイクルでニトロチャージを使って上から縛る動きが強力でした。

 

6,ヘイラッシャ

テラスタイプ:悪

特性:天然

持ち物:突撃チョッキ

技:ウェーブタックル/地震/雪雪崩/地割れ

 

⭐︎調整

性格:意地っ張り(A↑C↓)

A:11n/H4振りミミッキュをウェーブタックルで化けの皮ダメージ込み乱数1発(87.5%)

D:役割遂行のために振り切り

S:余り/同族のキョジオーン意識

キョジオーンに受け出しされるケースが結構あったので、安易な受け出しを許さないように素早さに振りました。

 

⭐︎技構成について

一致技のウェーブタックル、サーフゴー等の鋼タイプへの打点の地震サザンドラ等のドラゴンタイプへの打点として雪雪崩を採用し、最後の一枠には飛行テラス以外の耐久カイリュー、サーフゴー、鬼火ウルガモスを突破するために地割れを採用しました。

 

⭐︎採用理由

補完枠2。基本選出で重い特殊炎への対策枠としての採用です。特性の天然によりウルガモスにも安定します。

型は朝の日差し持ちウルガモスを押し切れるよう火力を上げたチョッキ型としました。終盤は耐久ヘイラッシャの対策は全員が仕込んで来ていて、まともに動かせなかったので、使うならこのように相手に短いサイクルで負荷をかけられるアタッカー型だったと考えてます。

グレンアルマやクエスパトラのようなエスパータイプへの対策枠としても機能して欲しかったので、テラスタイプはワイドフォースやアシストパワーを透かせる悪タイプです。

 

【選出パターン】

から3体が基本選出です。

初手はorのケースが多かったです。

特殊炎やアシストパワー勢がいるときは、積み構築相手にはを極力選出に絡めるようにしてました。

 

【対処の難しいポケモン

ブラッキー

安定した突破手段がないので一番苦労しました。格闘テラスサーフゴーで択合わせて頑張ってました。

○デカヌチャン

割と致命傷。セグレイブの地震で鋼タイプは処理していたので風船デカヌチャンの処理が苦しかったです。確実に仕事はされるのでそこは諦めてカイリューを初手出しして放射連打で倒したりしてました。

○水ロトム

致命傷2。フェアリーテラス水ロトムにセグレイブの技選択が安定しないのが辛かったです。マスカーニャを頑張って通してました。

 

【最終結果と振り返り】 

S1は最終順位14位でした。25位から最終戦勝利でこの順位に着地しました。

6時ごろには11,12位の2ロムとなるなど1桁チャレンジは何度かあったので、正直なところ悔しさの方が大きいです。

天然勢2体も活躍はしたものの採用理由が曖昧なので、ここが修正点と思ってます。ただ選出圧力は凄まじいものがあるので最終日に変更までは踏み切れませんでした。

環境にそれなりにいたブラッキー、デカヌチャンの処理ルートが曖昧なのが一番厳しかったので、来シーズンには修正していきます。

 

ここまで長文にお付き合い下さりありがとうございました。

第8世代、剣盾振り返り

本記事は8世代(剣盾)の振り返り記事となります。

ランクマの対戦成績の詳細はTOP記事にまとめてるのでこちらは参加した大会の結果や、対戦と直接関係のない出来事中心でまとめます。

 

①潜伏期間(2019/11/15~2021/6/20)

剣盾開始から1年半もの間ツイッターアカウントを作らずソロで活動していました。

理由は「SNSって特定とか怖そう」です。

今も個人情報の発信には消極的なのであまり変わって無かったりします、リアルも大事。

 

ツイッターアカウント開設(2021/6/21)

そんな男がツイッターアカウントを作る契機となったのが公式大会セイムビートでの最終一位獲得です。他の人たちが順位報告している中、流石に一位が報告しないのはまずいと考えて一から調べてツイッターアカウントを作成しました。

f:id:csunny:20211103103609j:plainf:id:csunny:20210704232004j:plain

このセイムビートという公式大会、同じポケモン、アイテムを被らせてもよいという非常に面白いルールとなっていましたが、画像を見て分かる通りポケモン、アイテムの被り全くなしで出場するという暴挙に出ています。

大会に参加する前に有志の仲間大会の使用率は調べて、ドラパルトの型判別が肝になるとは考え、ボーマンダの威嚇+カバルドンorポリゴン2引きで全対応するつもりで構築は組んだので一応ルール自体は意識してました。

思う所はあると思いますが、ポケモン、アイテムは被りなしの方が結局対応範囲が広がって強い、このゲームの完成度の高さを表した事象と私はプラスに捉えてます。

 

⓷動画で記事が紹介される(2021/9/9)

S21で使ってたネクロズマをバンビーさんに動画で紹介してもらいました。長年ポケモンやってて初めての体験。

内容が龍舞コスモパワーネクロズマという目を引く内容だったのもあってか、記事の閲覧回数も増えて、FF外の方にも認知してもらえるようになりました、大物Youtuberの影響力凄い。この後もバンビーさんには何度か構築紹介してもらって感謝しかないです。

 

④第53回葉桜杯優勝(2021/12/19)

密かに参加し続けてた葉桜杯で予選を8位で初突破から優勝出来ました。これまでは知り合いはランクマガチ勢メインでしたが、この優勝を機に認知度が上がって、一般ポケモントレーナー(色厳選やら仲間大会参加やら他の楽しみ方をしてる人達)とも繋がれ、交友関係が確実に広がったと思ってます。葉桜杯ありがとう。

 

⓹Frontier Season3 #15 挑戦者枠での出場、優勝(2022/3/5)

クリフとさんに誘ってもらい、挑戦者枠として参加しました。まさかいつも視聴者側で見てたFrontierにプレイヤーとして参加する日が来るとは考えてなかったです。試合前の待合室で皆さんフレンドリーに接してくれて気負わずにリラックスして試合に臨めたのが有り難かった…試合内容も最速挑発プリザポスとかいう地雷を大活躍させる見映えの良い内容に出来て良かったです。

 

⑥イベルネクロ普及委員会(2022/2/1~2022/9/1)

7ヶ月間続いた苦行、最後の方では禁止伝説2体環境で頑なにイベルネクロを使用し続ける変人と認知されるようになってきました。実はずっとイベルネクロだけを使ってた訳ではなく、ネクロズマの相方はずっと色々なポケモンを模索していましたが、最終日にはいつもイベルになっていました。

ちなみにネクロズマは7ヶ月間(なんなら幻含めると9ヶ月間)一番上に固定し続けました、最後の方はもはや意地でした。

 

⑦質問箱の開設(2022/6/21)

ツイッター開設1年記念でノリで作ってみたところ、思いの外質問が来たので継続していますが、この回答を見て結構DM送ってくれる人が増えました。質問箱を始める前はあまりに発信しないせいでとっつきにくい人だと思われていたらしいです、積極的な情報発信も大事ですね。

先日回答が1000件超えたのでツイートの過半数を質問箱の回答が占める日も近いのかもしれない…

 

⑧第5回葉桜感謝祭優勝(2022/10/23)

剣盾を支え続けてくれた葉桜杯の締め。第53回で優勝出来たのでDAY2からの参加でしたが、予選全勝からの決勝トーナメントで優勝することが出来ました。

実はこの感謝祭用の構築を組んだのは当日の11時で、そこから必死にランクマに潜って試運転して14時の予選開始に間に合わせました。実際に全てのポケモンの型変更が刺さったので構築変更は大正解でした。

 

⑨S35ランクマ最終日(2022/11/1)

35ヶ月間潜り続けたランクマの集大成として意気込んで潜りましたが、結果はまさかのS24以来の18フィニッシュ。まあEP的にもレート1957で保存する意味は無かったし、潜り続けたこと自体に後悔はないですが、サブロムを溶かしてた時には明らかに疲れてプレイングが雑になってたので少しでも休憩を挟むべきでしたね…ここらへんの判断は結局3年やっても正解が分からなかった、次世代に期待。というかSVでは普通の時間に終われ、なんだよ朝9時って。

 

⑩ムゲンダイカップ-Final-(2022/11/12)

⑨の最終シーズンで負けてEPランキング13位となり、予選の仲間大会参加が決まっていましたが、いろはさんから11/4に本戦の辞退者が出たので繰り上げ参加出来ないかとの申し出があり、二つ返事で快諾して本戦に出場することが出来ました。人生初のオフ会参加です。

予選はWキュレムを試していたとは言え、31位だったので本来参加は無理だったので助かりました。(本戦ではWキュレムゼクロム)

オフ当日に使った構築、対戦レポートについてはGame8さんのサイトにまとめているのでそちらをご覧ください。

対戦レポート:

https://mygame8.jp/games/pokemon-sword-shield/df477bf4e9b4cd3ebf8c

完全ソロで始めた剣盾ライフだったので、最後にこんな大きな大会に出て締めるなんて想像していませんでした。100%ポケモンの話が出来て、二次会まで含めて本当に夢のような時間でした。オフ会には機会があればまた積極的に参加していこうと思います。

 

○まとめ

7世代までは動画投稿しないとそもそもポケ勢として認知されないようなところがありましたが、8世代は葉桜杯やFrontierを始めとするライブ配信による動画投稿者以外にもスポットを当てる試みが盛んで、動画を出してない私のようなプレイヤーからすると有り難く、主催者の方々には本当に感謝しかないです。

 

ポケモン対戦自体は長いことやって来ましたが、たくさんのポケ勢との繋がりを作ってくれたこの8世代のことはこの先どこまで世代が進んでも忘れないと思います。本当にありがとう剣盾。

 

9世代でも引き続きよろしくお願いします!

【S34 没ポケ】壁張りザマゼンタ、弱保カイオーガ

このまま日の目を見ないのは不憫なので、強かったけど環境に負けて最終日の構築に入ってこなかった子達を紹介します。ハマった時の強さは確かに感じたので可能であれば活かしてあげてください。

①壁張りザマゼンタ

特性:不屈の盾

持ち物:朽ちた盾

技構成:巨獣弾/パワースワップ/リフレクター/光の壁

性格:陽気(C↓S↑)

実数値:197-151-166-x-167-198

努力値:236-4-4-0-12-252

HB:A特化珠140ダイジェット乱2(0.4%)/無振りA+1インファイト壁無し→壁下で確定2耐え(最速想定)

HD:C特化雨下潮吹き乱1(6.3%)

S:最速/最速抜き抜き抜き抜き

⭐︎採用理由

・ザシアン、スカーフカイオーガの攻撃を耐える

ディアルガに格闘タイプの圧力からダイマックスを強制出来る

・対イベルタルで光の壁から入ることで物理、特殊に両対応出来る

初手出し安定する壁張りとしての採用です。ザマゼンタは相手の積み技に弱いため、これまではメタモンと同時に採用することが多かったですが、今回はパワースワップを持たせることで起点回避の役割も持たせました。

パワースワップは自分と相手の攻撃と特攻のランクを入れ替える技で、ザシアンの不当の剣+剣の舞でのA上昇や、ゼルネアスのジオコントロールでのC上昇を奪うことが出来ます。この技の一番優秀な点は身代わりを貫通出来るという点で、これにより身代わり剣の舞ザシアンにも対応出来ます。

対面寄りの構築相手には無類の強さを発揮してくれました。

⭐︎解雇理由

・初手のディアルガが電磁波ステロの起点要員であるケースが増え、壁が腐りがちになった

・中盤以降増加したホウオウ、ジガルデの後出しを容易に許し、聖なる炎や蛇睨みでテンポを取られた

・後出しイベルタルに羽休めで粘られて壁を枯らされた

序盤〜中盤の完全な対面環境では強かったですが、中盤以降のサイクル構築の増加には対応出来ませんでした。火力が無さ過ぎて相手にかける負担が低過ぎて無限にテンポを取られてました。なんとA特化ザシアンの火力はこのザマゼンタの2.42倍です。このパッケージ間格差は許してはいけない。

②弱保カイオーガ

特性:雨降らし

持ち物弱点保険

技構成:熱湯/雷/吹雪/地震

性格:呑気(B↑S↓)

実数値:205-120-145-183-160-99

努力値:236-0-172-100-0-0

HB:A特化珠130ダイアーク乱1(6.3%)

C:C+2エレキフィールド下ダイサンダーでH252D4振りダイマックスチョッキを確2(チョッキとのダイサンダーの打ち合いに勝てる)/ダイアイスでD4振りを霰ダメ込み乱1(81.3%)

S:下降補正無振り/対面で天候を取れる

⭐︎採用理由

・初手の出し負けの少ないダイマックスエース

・対策枠のディアルガをダイアースで返り討ちに出来る

地震を採用する事でAVカイオーガの使用が正当化される(A0オーガ持ってない)

弱点保険+B振りでチョッキオーガやゼクロム、物理イベルタルにも打ち勝てるので、出し負けの少ない初手ダイマックスエースとして活躍してくれました。ディアルガで受けにくる場合もダイアースで返り討ちに出来ます。弱点保険により積み技無しで火力を出せるので、前述のザマゼンタからの壁展開とも相性が良く、同時選出も頻繁にしました。(ザマゼンタは粘土を持てないので壁ターンが短く、積み技を使うターンを作りにくい)

⭐︎解雇理由

・中盤以降壁黒バドレックス、電磁波ステロディアルガ等の初手安定要員からの展開が増え、初手ダイマックスの刺さりがそもそも悪くなった

・火力が弱点保険頼りで相手依存となり安定しなかった

中盤以降初手ダイマックスは全員が意識して構築を組むようになっていたのでこのオーガの刺さりは悪くなり、終盤は非ダイマックスでの様子見性能に優れる電磁波持ちの出しオボンやソクノ持ちオーガを好んで使うようになっていきました。

 

【S34 最終3位レート2067/最終4位レート2065】雨天決行ネクロゼクロムサイクル

今回はランクマッチS34で使用し最終3,4位の結果を残せた構築の記事となります。何か質問等あればツイッター(https://twitter.com/LY95_sunny_poke)までお願いします。

 

【目次】

内部リンクをつけていますので適宜ご活用ください。

○並び

○構築コンセプト

○構築経緯

○個体紹介

 1,日食ネクロズマ@万能傘

 2,イベルタル@気合のタスキ

 3,ゼクロム@突撃チョッキ

 4,カイオーガ@ソクノのみ

 5,ザシアン@朽ちた剣

 6,グラードン@ラムのみ

○選出パターン

○対処の難しいポケモン

○最終結果と振り返り

 

【並び】

並びはこちらとなります。(参考にレンタルも貼り付けます)  

 

○各ポケモン実数値(努力値

f:id:csunny:20220220055343j:plain日食ネクロズマ

198(204)-177-188(188)-x-129-112(116) 

イベルタル

233(252)-135-116(4)-151-118-166(252) 

ゼクロム

207(252)-194(52)-143(20)-x-134(108)-120(76) 

カイオーガ

206(244)-x-142(252)-170-176-112(12) 

ザシアン

197(236)-210(4)-138(20)-x-152(132)-183(116) 

グラードン

181(44)-216(212)-160-108-110-142(252)

 

【構築コンセプト】

初手安定するorからのサイクルを回す

 

【構築経緯】 

①軸:対ザシオーガ性能優秀な万能傘ネクロズマ

S34の全解禁ルールでは採用に踏み込めるポケモンが限られているため、使用ポケモンに差は付けられず、いかに未開拓の自分に合った戦法を構築に組み込めるかの勝負になると考え、自身の過去の構築を参考に軸を考えていきました。

まず候補に上がったのが使い慣れた壁展開でしたが、これについては序盤から中盤にかけて壁バドレックス、ムゲンダイナからの展開構築が流行していたので、最後までは戦い切れないと判断しました。メタられた時の壁構築の弱さはよく知っているので。

ここで、開拓の自分に合った戦法=自身の評価と周囲の評価が一番乖離している戦法と考え振り返り、S27,30で使用し2桁順位を獲得したにも関わらず一向に評価が上がらなかった万能傘ネクロズマが当てはまると考えて採用したところ、環境トップのザシオーガ軸に強いことが追い風で非常に使用感が良かったため、このポケモンを軸とすることにしました。

 

②サイクルの相方:非ダイマ性能優秀なチョッキゼクロム

万能傘ネクロズマは一度積み技を積んでしまえばカイオーガに勝てますが、対面で勝てる訳ではないので、サイクルの相方にはカイオーガに明確に強いポケモンを置く必要があります。また、ダイアース無効の特殊アタッカーのイベルタルや、ホウオウ、ルギアのような高耐久ポケモンも苦手とするので、その崩しも担えるゼクロムを採用しました。ダイマックスはこの構築ではネクロズマに使いたいので、非ダイマックス時の性能が最も高い突撃チョッキ型としました。

 

③偵察要員:行動保証持ちのタスキイベル、ソクノオーガ

全解禁ルールでは禁止伝説軍団の高火力技に受け出しが難しく、初手の出し負けがそのまま負けに繋がりやすいので、安定した初手出しの偵察要員を用意することが重要と考え、軸のネクロゼクロムとの相性を考えて選択していきました。

ネクロゼクロムで苦手なポケモンとしては、地面枠(ランドロスカバルドン)、ディアルガ、黒バドレックス、ルナアーラとなるので、これらのポケモンに強い偵察要員として、バークアウト、挑発持ちのイベルタルを採用しました。持ち物は気合のタスキとして半ば強引に行動保証を持たせました。

ただ、このイベルタルではムゲンダイナ、ホウオウにテンポを取られがちで、黒バドレックスとムゲンダイナ、ホウオウが両立しているような構築相手に初手出しが安定しませんでした。

そこで、そのような構築に初手出しが安定するポケモンとして、同じく地面枠に強いB振りの電磁波持ちカイオーガを採用し、イベルタルと同じく行動保証を持たせるためにソクノのみを持たせました。

 

④補完枠1:崩し枠のラムグラードン

ゼクロムがチョッキを持っている関係上、幅広い相手に対する崩しの役割を担えないため、崩し枠を他に用意する必要がありました。ここまでで厳しいナットレイにも強い事が条件になっていたので、最終的には炎技を持てる剣の舞グラードンが当てはまると考えて採用しました。ここまでで欠伸ループを抜ける手段がないので持ち物はラムのみとしました。

 

⑤補完枠2:タイプ受けサイクルを破壊する4Wザシアン

ここまでの5体でイベルタルに明確に有利なポケモンがいないので、最後の一体には自然とザシアンが入って来ました。補完枠としての採用で積極的に出す気は無かったので、ネクロズマが突破することが難しいホウオウ+ナットレイ等のタイプ受けサイクルを崩せる様に技範囲優先の4Wとしました。

 

以上で構築が完成しました。

軸となるサイクルパーツ:f:id:csunny:20210710111017p:plain

初手出し偵察要員:f:id:csunny:20220220060950j:plain

崩し+補完枠:

 

【個体紹介】 

1,日食ネクロズマf:id:csunny:20210710111017p:plain

特性:プリズムアーマー

持ち物:万能傘

技構成:メテオドライブ/地震/龍の舞/月の光

性格:腕白(B↑C↓)

実数値:198-177-188-x-129-112

努力値:204-0-188-0-0-116

 

⭐︎調整意図

HB:A特化f:id:csunny:20211001133347p:plainA+1インファイト乱2(18.4%)

S:S+1で最速100族抜き

この構築記事の個体を流用しました。長いこと使用している個体なのでダメージ感覚を完全に把握してるところが大きいです。

 

⭐︎持ち物について

雨下でもサイクルを回せるよう万能傘を持たせました。この構築ではこちらもカイオーガを初手にすることが多いため必須級でした。

 

⭐︎技構成について

ザシアン軸に対してサイクルを形成するための回復技として月の光、積み技は相手との素早さ関係を逆転させられる龍の舞、攻撃技はダイスチル媒体となる鋼技のメテオドライブ、ダイアース媒体となる地面技の地震としてダイマックス技で要塞化を図れるようにしました。

 

⭐︎採用理由

ザシアンをある程度受け流しつつ、攻め駒としても運用出来るのはこのポケモンの唯一無二の性能だと考え、採用しています。

対ザシオーガに対するダイスチル、ダイアースでの要塞化はゴツゴツメットや食べ残し等の持ち物を持たせても可能ですが、その場合には壁や電磁波によるサポートが必須となり、展開系の構築に組み込む必要があります。それに対して、万能傘であればネクロズマ-ザシアン対面を作って龍の舞を積むだけで裏のカイオーガに備える事が出来るので、サイクル構築に組み込むことが出来るようになるということが大きな特徴となると考えています。

従来環境で障害となっていたエースバーン、サンダー、テッカグヤ等の一般ポケモンが環境から消えていたため、ネクロズマの通りは非常に良く、ストレスフリーに対戦することが出来ました。

 

2,イベルタルf:id:csunny:20220220060950j:plain

特性:ダークオーラ

持ち物:気合のタスキ

技構成:イカサマ/バークアウト/挑発/羽休め

性格:臆病(A↓S↑)

実数値:233-135-116-151-118-166 

努力値:252-0-4-0-0-252

 

⭐︎調整意図

H:振り切り

B:A特化130ダイロック砂ダメ込み乱1(6.3%)

S:最速

気合いのタスキを持たせてはいますが、チョッキグラードンのダイロックで出落ちしないように耐久に振っています。

 

⭐︎持ち物について

行動保証を持たせるために気合のタスキとしました。

 

⭐︎技構成について

物理アタッカーに打つイカサマ、特殊アタッカーに打つバークアウト、ジガルデ、カバルドンラグラージ等の搦手、欠伸勢に打つ挑発、バークアウトを入れた後ディアルガ等の特殊アタッカーのダイマックスターン稼ぎが出来るよう高速再生技の羽休めとしました。デスウイングマーシャドーくらいしか打ちたい相手がいなかったので今回は不採用としました。

 

⭐︎採用理由

初手出し安定する偵察要員としての採用です。主に黒バドレックス、ディアルガ両採用の構築に出していきます。挑発+羽休めでネクロズマが苦手なジガルデ等の搦手を用いるポケモンの対策も担います。

気合のタスキですが、これはザシアン対面でイカサマを選択することで、最低でも1回イカサマを入れ、剣の舞をされた場合にはイカサマ2回で処理出来るように持たせています。ネクロズマを崩すためのザシアン側の行動としては、イベルタル対面で交換読み剣の舞→ネクロズマダイマックスを強要し裏の特殊アタッカーを着地させるもしくは②特殊アタッカーへの釣り交換を行うとなりますが、そのどちらの動きも咎めることが出来ます。イベルタルが普通に殴られて倒れた場合でも、剣の舞を積んでいない状態のザシアンとネクロズマ対面を作れれば裏ごと突破出来る見込みが立ち、イカサマを一回入れる事でザシアンがゼクロムの雷撃圏内に入るので詰め筋を考えやすいです。

物理アタッカーにはイカサマを、特殊アタッカーにはバークアウトを打てば最低限の仕事は出来るので出し負けと呼べる対面がほとんどなく、イベルタル自身のダイマックスアタッカーとしての圧力で相手にダイマックスを強制させられるので、初手出し要員として必要なものを全て備えていました。

 

3,ゼクロム

特性:テラボルテージ

持ち物:突撃チョッキ

技構成:雷撃/スケイルショット/ダブルウイング/シャドークロー

性格:意地っ張り(A↑C↓)

実数値:207-194-143-x-134-120

努力値:252-52-20-0-108-76

 

⭐︎調整意図

H:振り切り/16n-1

A:B4振りダイマをダイホロウで乱1(93.8%)

B:A特化珠130ダイアーク乱1(12.5%)

D:C特化眼鏡ダイマックス砲乱1(18.8%)/無補正C252振り雨下潮吹き+130ダイアイス+霰ダメ確定耐え

S:S+1で最速抜き(準速抜きを抜く)

参考元です(掲載許可貰ってます)。このチョッキゼクロムのAを少し削ってDとSを自分好みに伸ばしました。

 

⭐︎持ち物について

対特殊アタッカー性能を非ダイマックス状態でも確保するために突撃チョッキを持たせました。

 

⭐︎技構成について

タイプ一致技の電気技は雷撃、ドラゴン技は非接触かつ素早さ上昇の追加効果が強力なスケイルショットとしました。サブウェポンはダイジェット媒体としてダブルウイングと、ネクロズマが苦手な黒バドレックス、ルナアーラへの最大打点となり、ダイホロウのBダウンで崩しの選択肢も取れるようシャドークローとしました。

 

⭐︎採用理由

ネクロズマの苦手なホウオウ、ルギアの崩しを担えるカイオーガ対策枠としての採用です。黒バドレックス、イベルタルを相手にしても打ち合えるので、非常に対応範囲が広いです。

当初は命の珠を持たせたアタッカーで使用していましたが、イベルタルカイオーガダイマックスを切られるとダイアークやダイアイスで落とされるためダイマックス前提の立ち回りを強要され、一度ダイマックスを切ってしまうとザシアン+地面枠との不毛な択を制する必要があることにずっと悩まされていました。そんな時にかもねぎなべさんに突撃チョッキ持ちゼクロムの調整を教えて貰い、採用したところ本来求める役割(対カイオーガイベルタル、ホウオウ、ルギア)を非ダイマックスで遂行出来、立ち回りが安定したため、中盤以降はこの型で使用し続けました。

通常のゼクロムよりも遅いので、S+1で黒バドレックス、ザシアンを抜けないことが立ち回りを難しくすることはありましたが、それを補って余りある性能をしていました。間違いなく今回の構築のMVPです。

 

4,カイオーガ

特性:雨降らし

持ち物:ソクノのみ

技構成:熱湯/雷/凍える風/電磁波

性格:穏やか(A↓D↑)

実数値:206-x-142-170-176-112 

努力値:244-0-252-0-0-12

 

⭐︎調整意図

HB:A特化珠130ダイアーク乱1(18.8%)

HD:C特化珠潮吹き+雷ソクノのみ込み確定耐え/無補正C252振りアストラルビット+ダイホロウを85.6%で耐え

S:麻痺した最速抜き

 

⭐︎持ち物について

行動保証を持たせるために電気技半減のソクノのみを持たせました。

 

⭐︎技構成について

幅広い相手への起点回避技となり、出し負けを少なくすることが出来る電磁波、タイプ一致技は火傷の追加効果が優秀な熱湯を採用し、サブウェポンはカイオーガミラーでの打点として雷、ゼクロム等のドラゴンタイプに打つ氷技として素早さ操作効果が強力な凍える風としました。

 

⭐︎採用理由

イベルタルと同じく出し負けの少ない初手出しの偵察要員としての採用です。ムゲンダイナ、ホウオウが相手の構築にいる場合には優先して出していきます。電磁波が通らない地面タイプには相性上有利で、ゼクロムには凍える風で起点回避を行えるので、出し負けが起こりにくいです。

特防に性格補正をかけてソクノのみを持たせる事で、初手の雷撃等の電気技に対して行動保証を持てるだけでなく、調整意図に記載の通り珠カイオーガの潮吹き、黒バドレックスのアストラルビットに対する非常時の引先としても機能します。(カイオーガはダイサンダーを打たれると落ちること、黒バドレックスは若干乱数が怪しいことから積極的に狙う立ち回りではないです、あくまで非常時)

通常ネクロズマと組ませる場合には雨による月の光の回復量低下がネックとなりますが、今回のネクロズマは万能傘を持たせているので全く問題にならず、自然とオーガネクロの選出を出来るのが優秀でした。

 

5,ザシアン

特性:不当の剣

持ち物:朽ちた剣

技構成:巨獣斬/氷の牙/インファイト/ワイルドボルト

性格:意地っ張り(A↑C↓)

実数値:197-210-138-x-152-183

努力値:236-4-20-0-132-116

 

⭐︎調整意図

HB:A特化巨獣斬+電光石火を91.8%で耐え

HD:無補正C252振り雨下潮吹き乱1(6.3%)

A:残り/B4振りを巨獣斬で倒せるよう補正有

S:準速抜き

素早さはネクロズマで受け切ることが怪しいA高めのザシアンとのミラーに勝てる程度に設定しました。このザシアンより速いザシアンはAを削っているのでネクロズマの後出しが比較的安定します。

具体的には、今回のネクロズマがA229↓のザシアンのインファイトまで確定で耐えます。A231↑ザシアンがH252振りした余りをSに振った場合には実数値181となるため、このライン意識のS設定となります。(基本上位のザシアンは特化巨獣斬+電光石火意識でHは削らない想定)

 

⭐︎持ち物について

鋼タイプの耐性が欲しいので朽ちた剣一択です。

 

⭐︎技構成について

巨獣斬は確定として、軸のネクロゼクロムが苦手とするランドロスへの打点として氷の牙、構築全体で突破手段の少ないナットレイへの打点としてインファイト、ホウオウ、カイオーガへの打点としてワイルドボルトを採用しました。技範囲優先の4Wです。

 

⭐︎採用理由

明確なイベルタルへの圧力と、ネクロズマで突破の難しいタイプ受けサイクル(ホウオウ+ナットレイ等)の突破のために採用しました。カイオーガと合わせて、ネクロズマ展開の障害となる相手のイベルタルの選出を抑制する思惑もあります。

ネクロズマと同時選出する場合にカイオーガ受けの選出を強制されたくなかったので、潮吹き耐えまでDを伸ばしました。黒バドレックスのC+1ダイホロウを耐えるなど活きる場面は多かったです。

Aを大分落としてしまっているためザシアンとしての単体性能は低めですが、今回は軸ではなくあくまで補完枠としての採用で、相手を後続の圏内まで削ってくれれば良いと割り切っていたので、困る場面は少なかったです。ちゃんとこのポケモンを使うのは初めてでしたが、どう使っても強いのは流石剣盾環境のトップといった感じでした。

 

6,グラードン

特性:日照り

持ち物:ラムのみ

技構成:断崖の剣/岩石封じ/噴煙/剣の舞

性格:意地っ張り(A↑C↓)

実数値:181-216-160-108-110-142

努力値:44-212-0-0-0-252

 

⭐︎調整意図

HD:無補正C252振り晴下潮吹き乱1(6.3%)

A:残り/HB特化を断崖の剣で乱2(95.7%)

C:無振り/晴下噴煙でH252D4振りの身代わりを確定破壊

S:準速

 

⭐︎持ち物について

欠伸ループ、ホウオウの聖なる炎の火傷対策としてラムのみを持たせました。

 

⭐︎技構成について

タイプ一致の地面技はザシアンを一撃で倒すための断崖の剣、岩技はS操作の効果が優秀な岩石封じ、炎技はランドロスの身代わりを破壊出来、火傷の追加効果込みで後出しに負荷のかけられる特殊技の噴煙としました(ビルドアップランドロス意識)。積み技は速度重視で剣の舞です。

 

⭐︎採用理由

崩し枠兼電気無効枠としての採用です。当初はゼクロム意識でランドロスを採用していましたが、終盤に増加したナットレイに詰まされるケースが多かったので、最終的には炎技を使えるグラードンに落ち着きました。

素早さを上げる手段を持たないので、基本的にはカイオーガとセットで出していき、電磁波によるサポートを受けて通していきます。

素早さは準速としていますが、大体のとぐろを巻くジガルデやチョッキオーガの上から動ける等活きる場面は多かったです。

特性の日照りによる晴れでカイオーガに対するザシアンの後出しを可能とする等、他の地面枠にはない動きが出来るので、立ち回りに幅が出来る面白いポケモンでした。

 

【選出パターン】

基本選出その1。対応範囲が一番広いので迷ったらこの選出をします。タスキ黒バドレックス、ランドロスからの展開構築にはこの選出がベストです。アストラルビットの一貫があるため黒バドレックスがキツいので、カイオーガゼクロムどちらかの体力は満タンにしておく事は意識します。

基本選出その2。ディアルガ、黒バドレックス入りにはこの選出をしたいです。初手で相手のザシアンとイベルタルが対面した場合には、個体紹介でも記載の通りイカサマを選択します。

+@1

対イベルネクロはこの選出が多かったです。カイオーガの雨でネクロの回復を阻害しザシアンを通すイメージです。

+@1

ホウオウ絡みの受けサイクルにはこの選出をします。カイオーガの電磁波で相手のアタッカーの足を封じてグラードンを通しにいきます。

 

【対処の難しいポケモン

○コスモパワー

コスモパワーを一度積まれてしまうとムゲンダイナの突破手段がネクロズマの龍舞orグラードン剣舞積みしかないので裏から出て来るメタモンが厳しいです。当たった時はダイマックスで強引に数的有利を取ってネクロズマで粘る立ち回りを目指していました。

○裏から出てくるアタッカー

イベルタルを初手出し要員として雑に切りがちなのでいざ裏から出てくると厳しいです。裏にいそうな時はゼクロムの体力を大事にする必要があります。

○ビルドアップ

対抗出来るカイオーガを偵察要員として削らせがちなので裏から出てくるビルドアップグラードンが厳しかったです。初手にグラードンが出て来なかった場合には警戒してカイオーガの体力をなるべく温存するようにしていました。

 

【最終結果と振り返り】 

S34は最終順位3,4位、最終レート2067,2065でした。

今期は前日までに2ロム2000に載せるなど調子が良く、最後は離されてしまったものの、最終日に瞬間1位になり最後まで争う貴重な体験が出来ました。

偵察要員で相手の型を判別してからネクロゼクロムで安定したサイクルを回すことが出来ていたので、終始平常心で臨むことが出来たのが大きかったです。大きく溶かしても2桁順位は割らなかったので本当に安定感のある構築でした。

2ロム体制で上げていた影響で最後に時間が足りなくなってしまったことだけが心残りなので、来期はこの反省を踏まえてロムの動かし方を変えようと思います。

 

ここまで長文にお付き合い下さりありがとうございました。

【S33 最終14位 最終レート2055】イベルネクロ壁サイクル結

今回はランクマッチS33で使用し最終14位の結果を残せた構築の記事となります。何か質問等あればツイッター(https://twitter.com/LY95_sunny_poke)までお願いします。

 

【目次】

内部リンクをつけていますので適宜ご活用ください。

○並び

○構築コンセプト

○構築経緯

○個体紹介

 1,日食ネクロズマ@ラムのみ

 2.イベルタル@命の珠

 3,オーロンゲ@光の粘土

 4,霊獣ランドロス@食べ残し

 5,トリトドン@柔らかい砂

 6,メタモン@こだわりスカーフ

○選出パターン

○対処の難しいポケモン

○最終結果と振り返り

 

【並び】

並びはこちらとなります。(参考にレンタルも貼り付けます)  

 

○各ポケモン実数値(努力値

f:id:csunny:20220220055343j:plain日食ネクロズマ

198(204)-177-188(188)-x-129-112(116) 

イベルタル

217(124)-x-124(68)-187(148)-119(4)-140(164) 

オーロンゲ

201(244)-140-111(204)-x-113(60)-80 

霊獣ランドロス

196(252)-166(4)-146(180)-x-103(20)-118(52) 

トリトドン

217(244)-113(76)-89(4)-x-137(180)-60(4) 

f:id:csunny:20220220061133j:plainメタモン

155(252)-x-69(4)-68-110(252)-47 

 

【構築コンセプト】

対禁止伝説の対応範囲が広い サイクルに、壁による補助で一般枠への耐性を付け、選出択、ダイマックス択の少ない安定感のある構築を目指す

 

【構築経緯】 

①軸の選択:対禁止伝説の対応範囲の広いイベルネクロ軸

相手の禁止伝説枠への対処を考えた時に、ザシアン、ゼルネアス以外の禁止伝説に互角以上に渡り合える高火力エースのイベルタルと、ザシアン、ゼルネアスに強めのクッション枠の日食ネクロズマの組み合わせであるイベルネクロ軸が一番対応範囲を広くする事が出来ると考え、軸として選択しました。

イベルネクロ軸はイベルタル、日食ネクロズマのどちらにもダイマックスを使えるため、試合展開を見て柔軟に有効な方にダイマックスを使用できますが、その場合にはもう片方をダイマックス無しで運用することになるため、イベルタル、日食ネクロズマ共にダイマックス状態での性能を確保することは勿論のこと、非ダイマックス状態でもある程度の性能を持つ型にするのが望ましいです。

その条件を踏まえて考えていくと、非ダイマックス状態でもザシアン相手に最低限のクッション性能を維持出来るHBベースの回復技持ち日食ネクロズマがまず構築に入って来ました。

その相方となるイベルタルの型については、2W+挑発羽休めの命の珠持ちイベルタルダイマックス、非ダイマックス状態の性能を両立出来る型と気づき、中盤以降はずっと使用して練度を高めていきました。

 

エスサンダーランドへの対策:壁によるサイクル補助

イベルネクロ軸を使用する上で、一般枠でありながらイベルタルダイマックスの打ち合いで勝て、日食ネクロズマに高火力の打点を持つエースバーン、サンダー、霊獣ランドロスは最優先で対策すべきポケモンです。ただ、これらの一般枠とイベルネクロ相性関係はダイマックスのタイミングをずらせば対処出来るレベルの曖昧なものであるため、壁下で底上げした耐久値を盾に相手のダイマックスを凌ぎ、こちらの後発ダイマックスを通しに行くルートで対処しにいきました。このような対処ルートを取ることで、特定の一般枠に対策枠を強要されずにイベルネクロを選出出来るため、選出択が発生しにくいです。壁要員としてはサイクル構築を使用する上で対処が難しい相手の積み展開を悪戯心挑発で阻害できる両壁オーロンゲを選択しました。 

 

ここまでの3体が基本選出で残りが補完枠となります。

 

③補完枠1:積み展開対策のメタモン

今回のイベルネクロのサイクルは自身の耐久を上げる方法がダイマックスしかなく、相手に積み技を使われると壁込みであっても展開によっては突破されてしまうため、相手の積み展開を抑制する+逆手に取って切り返すこだわりスカーフ持ちメタモンを採用しました。HBベースの日食ネクロズマだと隙を見せると対処が難しいゼルネアスや、イベルタルが唯一苦手な物理アタッカーのザシアンにも強く、イベルネクロとの相性は良好でした。

 

④補完枠2:カイオーガ対策HDベーストリトドン

イベルネクロを軸として使用する際の最大の障害となるカイオーガ対策については、身代わり瞑想持ちのカイオーガが一定数存在したため、HB特化のカイオーガの身代わりを地震で破壊できるところまでAに割いたHDベースの柔らかい砂持ち呼び水トリトドンを今回は採用しました。また、ザシアン+カイオーガ軸に対してはサイクルを回すことが難しいので、呪いを持たせて、壁と合わせてトリトドン単体で詰ませる選択肢を取れるようにしました。

 

⑤補完枠3:不利禁止伝説に抗うビルドランド

ここまでで対処が難しい禁止伝説ポケモンとしてはホウオウ、グラードンゼクロム、ジガルデとなるため、最後の枠にはこの4体に強く、相手の裏の受け駒も崩せるポケモンを探していました。

この枠は最後まで迷走していて、パッチラゴンやガブリアスボーマンダ等様々なポケモンを試しましたが、最終的にはグラードンに明確に有利を取れる身代わりビルドアップ霊獣ランドロスを採用し、構築が完成しました。

 

【個体紹介】 

1,日食ネクロズマf:id:csunny:20210710111017p:plain

特性:プリズムアーマー

持ち物:ラムのみ

技構成:メテオドライブ/サイコファング/龍の舞/月の光

性格:腕白(B↑C↓)

実数値:198-177-188-x-129-112

努力値:204-0-188-0-0-116

 

⭐︎調整意図

HB→A特化f:id:csunny:20211001133347p:plainのA+1インファイト乱数2発(18.4%)/A特化f:id:csunny:20220222124517j:plainの命の珠キョダイカキュウ壁下で乱数2発(7.4%)

HD→C特化f:id:csunny:20211227072846j:plainの命の珠威力140ダイサンダーのダメージ153〜183(壁下であれば月の光で受けきれる)

A→無振り/A+1ダイサイコでB4振りf:id:csunny:20211225221910j:plain確定1発、HBf:id:csunny:20211227091109j:plainをダイサイコ+フィールド下ダイサイコで乱数2発(2回とも最低乱数を引かなければ落とせる)

S→S+1で最速100族f:id:csunny:20211227072846j:plainf:id:csunny:20211227072902j:plain抜き

この構築記事の個体を流用しました。長いこと使用している個体なのでダメージ感覚を完全に把握してるところが大きいです。

 

⭐︎持ち物について

状態異常耐性を付けるラムのみとしました。主にカバルドンラグラージの欠伸展開、ホウオウの聖なる炎の火傷、サンダーの電磁波対策となり発動機会は多かったです。

 

⭐︎技構成について

ザシアン軸に対してサイクルを形成するための回復技として月の光、積み技は相手との素早さ関係を逆転させられる龍の舞、攻撃技は範囲よりも火力重視でタイプ一致の2つとしました。ダイスチル媒体となる鋼技は特性貫通効果も強力なメテオドライブとして、エスパー技は壁展開に強くなり、物理ダイサイコとしても強力なサイコファングを採用しました。

 

⭐︎採用理由

ザシアンをある程度受け流しつつ、攻め駒としても運用出来るのはこのポケモンの唯一無二の性能だと考え、採用しています。今回は構築全体で重めなザシアン+イベルタル、ホウオウ軸に対する抜きエースになれる龍舞型としました。

壁下のこのポケモンの耐久は異常の一言で、A特化エースバーンの命の珠キョダイカキュウを高確率で2耐えするので後出しが成立します。

ジカルデやルギア、テッカグヤ等の搦手を使うポケモンには弱いですが、それらのポケモンには相方の挑発イベルタルが強く、逆にイベルタルが苦手なザシアン等の真っ直ぐ殴ってくるポケモンに対しては日食ネクロズマが強いことが多いので、やはりイベルネクロは個人的な禁止伝説2体環境における最優秀バッテリーでした。

 

2,イベルタルf:id:csunny:20220220060950j:plain

特性:ダークオーラ

持ち物:命の珠

技構成:悪の波動/デスウイング/挑発/羽休め

性格:控えめ(A↓C↑)

実数値:217-x-124-187-119-140

努力値:124-0-68-148-4-164

 

⭐︎調整意図

HB→ダイマックス時命の珠ダメージ2回込みA特化f:id:csunny:20211001133347p:plainのA+1巨獣斬乱数1発(6.3%)

C→11n/ダイアークでの特化珠ダイジェット耐え(H252D140振り)を確定で落とす

S→最速抜き

ザシアンがダイアークに対して後出ししてきた際にそのまま突破しつつ生存して、数的有利を取れるよう物理耐久にかなり割いています。この耐久振りは対日食ネクロズマ等活きる場面は多かったです。

 

⭐︎持ち物について

ダイマックスエースとしても運用出来るよう命の珠を持たせました。通常の攻撃技の火力アップによりサイクル下で相手に与える負荷も上がります。

 

⭐︎技構成について

攻撃技は一致技の悪の波動とデスウイングの2Wとして、補助技は搦手を防ぐための挑発、体力管理のための羽休めとしました。

 

⭐︎採用理由

バドレックス(黒馬)対策は勿論のこと、ジガルデ、ルギア等の搦手を用いるポケモンの対策を意識して採用しました。

構築経緯に記載の通り、イベルタルの型はダイマックス時、非ダイマックス時の性能を両立した型を追い求めていました。非ダイマックス状態の性能が最も高い型は挑発羽休め持ちとなり、ダイマックス状態の性能が高い型は命の珠持ちのアタッカーとなると考えていたため、この型は両方の良いとこ取りを目指した型となります。

通常の珠の特殊イベルタルと異なり、熱風を持たないため、ザシアン入りに対して全抜き体制に入るためにはザシアンをダイアーク圏内まで削る必要がありますが、この構築は日食ネクロズマがザシアンの引き先として存在するためサイクルを回しやすく、立ち回りに窮屈さを感じることはほとんど有りませんでした。

構築に不足している崩しの要素も高火力のダイアークによるゴリ押しで担ってくれるなど、構築の歪みを一手に引き受けてくれる神ポケモンでした。

 

3,オーロンゲf:id:csunny:20220401153000p:plain

特性:悪戯心

持ち物:光の粘土

技構成:ソウルクラッシュ/挑発/リフレクター/光の壁

性格:慎重(C↓D↑)

実数値:201-140-111-x-113-80

努力値:244-0-204-0-60-0

 

⭐︎調整意図

H→奇数最大値

B→A特化f:id:csunny:20220220060950j:plain命の珠ダイジェット(威力130)乱数1発(6.3%)

D→C特化f:id:csunny:20220220060950j:plainの命の珠ダイジェット(威力130)確定耐え

どちらもダブルウイング、デスウイングを想定しているのでゴッドバード、暴風媒体のダイジェットは怪しいです。50%で落ちます。

 

⭐︎持ち物について

壁ターンを8ターンに延長する光の粘土を持たせました。この持ち物でないと、特に日食ネクロズマイベルタルのサイクルを回す際に壁ターンが足りなくなりがちです。

 

⭐︎技構成について

構築コンセプトの両壁、積み展開を阻害する挑発までは確定として、攻撃技には今回はイベルタルへの打点としてソウルクラッシュを採用しました。

 

⭐︎採用理由

壁張り要員としてS28-32より引き続き採用しました。もう完全に信頼し切ってます。

①特性の悪戯心による先制での壁貼りでダイジェットのS上昇関係なく壁展開可能(ダイジェットに対し後出しして壁展開で切り返せる)

②挑発での積み展開の阻害が可能

③タイプ上バドレックス(黒馬)に後出しが可能

となる点が他の壁張り要員と比較してのメリットとなります。

特に②が非常に重要で、他の壁要員と異なり加速バトンのような素早さ上昇が絡んだギミック構築にも展開を許しません。

欠点としては壁展開が読まれやすいくらいで、このポケモンの壁要員としての性能は頭一つ抜けていると考えています。

 

4,霊獣ランドロス

特性:威嚇

持ち物:食べ残し

技構成:地震/岩石封じ/身代わり/ビルドアップ

性格:腕白(B↑C↓)

実数値:196-166-146-x-103-118

努力値:252-4-180-0-20-52

 

⭐︎調整意図

H→振り切り

B→A4振りのサウザンアローを身代わりが乱数1発(18.8%)

D→C無振りの火炎放射を身代わりが乱数1発(18.8%)

S→余り振り切り/意識で可能な限り速く

 

⭐︎持ち物について

場に長く居座るため食べ残し一択です。オボンのみや混乱実であると鉄壁ボディプレス型ナットレイに対して回復量が足りなくなります。

 

⭐︎技構成について

対面からナットレイを起点にするための身代わり+ビルドアップを採用し、攻撃技は一致技の地震と、相性補完の良い岩技としました。岩技はジカルデ対面で素早さ操作をするために岩石封じとしました。

 

⭐︎採用理由

構築記事にも記載の通り、他のポケモンで対処が難しいホウオウ、グラードンゼクロム対策が一番の採用理由です。ナットレイに強いのも日食ネクロズマと組み合わせる上で重要です。

身代わりという技が本当に便利で、ナットレイの宿り木やジカルデの蛇睨みを透かすだけでなく、有利対面で身代わりを残す事で裏から出てくるムゲンダイナのダイマックス砲で縛られなくなったり、壁構築の最大の弱点となる急所のリスクを低減出来るようになります。

対ジカルデはオーロンゲで挑発をジカルデに入れてからランドロスに引き、岩石封じで相手の素早さを下げてから身代わりを置きビルドアップを積んでいきます。実は身代わりが上から乱数3つで壊れるので毎回サウザンアローのターンにお祈りしてました。

このポケモンだとポリゴン2を突破出来ないので崩しを考えると他にも適任はいそうですが、他の候補だとグラードンに負け続けたので変えることが出来ませんでした。(特にビルドアップグラードンが無理)

 

5,トリトドン

特性:呼び水

持ち物:柔らかい砂

技構成:滝登り/地震/呪い/自己再生

性格:慎重(C↓D↑)

実数値:217-113-89-x-137-60

努力値:244-76-4-0-180-4

 

⭐︎調整意図

HD→C特化のダイアタック(威力150)確定2耐え

A→HB特化の身代わりを地震で確定1発

 

⭐︎持ち物について

地震でHB特化のカイオーガの身代わりを破壊出来るように柔らかい砂を持たせました。

 

⭐︎技構成について

攻撃技は一致技として滝登りと地震を採用し、補助技は全抜きのための積み技として呪いと、高速回復技の自己再生を採用しました。

 

⭐︎採用理由

カイオーガ対策としての採用です。呪いを持つことで、サイクルを回すことが難しいザシアン+カイオーガ軸に対して一匹で全抜きを狙う選択肢が生まれます。

柔らかい砂を持たせる事で瞑想カイオーガに対して安定します。当初はランドロスに食べ残しを取られた関係でお試し感覚で持たせた持ち物でしたが、ザシアンがA+1ダイアースで確定で落とせるようになる等思わぬところで上手くはまってくれました。

ただ、貯水ガマゲロゲと異なりラッキーに隙を見せるところが明確な弱点でした。S33はシャドボラッキーの増加で甘える切りの個体も増えており、呪いでなんとかなるケースが多かったのは追い風でしたが、一定数いた甘えるラッキーに詰まされることもそれなりにはありました。

 

6,メタモン

特性:変わり者

持ち物こだわりスカーフ

技構成:変身

性格:生意気(D↑S↓)

実数値:155-x-69-68-110-47

努力値:252-0-4-0-252-0

 

⭐︎調整意図

H→振り切り

D→振り切り/C無振りの暴風が82~97ダメージ

S→最遅

ミラー意識で最遅とし、身代わり持ちのアッキサンダーにTOD時のターン稼ぎで投げてメタモンの状態で攻撃を受けることがあったのでHD特化としました。

 

⭐︎持ち物について

変身時の同速勝負を最低限にするためのこだわりスカーフを持たせました。

 

⭐︎技構成について

変身しか覚えません。

 

⭐︎採用理由

軸のサイクル選出を崩しにくる、積み構築への汎用性のある対策枠としての採用です。このポケモンを入れるだけで、相手のザシアン+禁止伝説アタッカー+対面駒という一番パワーのある選出を咎める事が出来、相手に受け駒の選出を強要出来るところが特に優秀です。

今回補完枠として採用の霊獣ランドロストリトドンが共にビルド、呪いで要塞化の動きを取れるので相手に突破のために積みを強要させる場面も多く、こちらとも相性が良かったです。

欠点であるHPの低さを補えるため壁展開とのシナジーも高く、日食ネクロズマイベルタルに次ぐ第三のエースとしても活躍してくれました。

 

【選出パターン】

サイクル選出の日食ネクロズマイベルタルをメインとして、壁で補助するためのオーロンゲか、積み展開を切り返すメタモンを残りの1体として選出するケースが多かったです。

以下に代表的な並びへの選出と簡単な立ち回りを記載していきます。他に選出や立ち回りで気になる構築があれば先述のツイッターアカウントまで聞きに来て下さい。

 

vsザシアン+バドレックス(黒馬)軸

こちらの選出 or 

基本的にはイベルネクロでサイクルを回して行きます。

オーロンゲの壁張りでサイクルを補助して回し切るのが基本ですが、メタモンが重く見える構築相手にはメタモンを選出して行き、サイクルで削った後でイベルかネクロのどちらかを切って、コピーザシアンもしくはコピーバドレックス(黒馬)を通す動きをすることもありました。

 

②vsザシアン+カイオーガ

こちらの選出:  or 

初手はザシアン警戒で日食ネクロズマメタモンから入ります。カイオーガにはトリトドン後出しがある程度安定するので、そこを起点に呪いで一気に詰ませる、もしくは相手に負荷をかけて行き、最終的にコピーメタモンを通していくイメージで立ち回ってました。

呪いトリトドン一体で詰め切れそうな構築であれば、オーロンゲを選出し壁からの呪いで全抜きを狙うこともありました。

雨下だと月の光の回復量が落ちるので、この構築に対しては日食ネクロズマはザシアンに対するクッションにしかならないことには注意が必要です。

 

③vsザシアン+イベルタル

こちらの選出  

相手のイベルタルダイマックスをオーロンゲで枯らし、日食ネクロズマもしくはイベルタルを通しに行きます。

相手の選出としては、①ザシアン+コピーザシアン受け(ラグラージヒートロトム等)+イベルタルか、②イベルタル+ザシアン+@1のどちらかで、①の場合には日食ネクロズマを初手に、②の場合にはオーロンゲを初手に置かないとサイクルで不利を取るので選出択になります。一番の不利構築でしたが、最終盤のザシアン+カイオーガ軸の流行により上位で数を減らしていたので助かりました。

 

④vsホウオウ+バドレックス(黒馬)、ザシアン軸

こちらの選出:

ランドロスでホウオウの火力を下げつつサイクルを回していき、最終的にランドイベルネクロの3体のうちのどれかを通しに行きます。

黒バドホウオウの場合は選出はホウオウ+ポリゴン2バンギラスが多かったので、イベルタルで必死にバンギラスを削る、もしくは日食ネクロズマを強引に通しに行きました。(ポリゴン2に丸くなるが無ければ日食ネクロズマで突破可能)

ザシアンホウオウの場合は選出はランドロス+ホウオウ+トリトドンが多かったので、こちらにはランドロスの威嚇を交えつつ日食ネクロズマを通しに行きました。

 

【対処の難しいポケモン

○特殊

オーロンゲの壁展開しか対処法がなく、ホウオウ入りはランドロスで受け流しつつ対処することが多かったので初見ではまず対処不能。命の珠のダイマックスアタッカーも瞑想持ちもきつかったです。

 

○ラスカ、エアスラ持ち

この並びはビルドランドで崩すことを想定していたので、ランドの身代わりを破壊出来る一致特殊技持ちのテッカグヤがきつかったです。終盤はほぼ全てのテッカグヤにラスカ、エアスラが入っていたので、ランド展開を諦めて、イベルタルを強引に通しにいっていました。

具体的には砂が枯れるまでバンギラスの前で羽休めで粘る→ダイアークでDを下げてバンギラスを引かせる→裏のポケモンにダイアークを当てて数的or体力有利を取るという立ち回りで、全く安定しなかったのでキツかったです。ただ最終日は覚醒してて7割くらい拾えたので出来過ぎでした。

 

【最終結果と振り返り】 

S33は最終順位14位、最終レートは2055でした。

S33はレート2000に乗せるまでが遅かったものの、乗せてからは順調に2ロム体制でレートを上げていくことが出来ました。

朝の8時20分くらいにサブロムでその時6位のくろこさん(その時は当然分からず後からTNで判明)とマッチングし、TODで負けた時点で1桁順位には2勝が必要であり時間的に厳しいと判断+本シリーズ最高順位更新を優先して撤退としました。勝っていればワンチャン1桁順位チャレンジだったのであと一歩でしたが相手が悪かった...

 

来期からの幻ルールはまだ何にも考えてないですが、しばらく充電した後で懲りずに潜っていこうと思います。

 

ここまで長文にお付き合い下さりありがとうございました。